1. HOME
  2. お知らせ
  3. コロナウイルスによる工場封鎖により、世界中でコンドームが不足する可能性

コロナウイルスによる工場封鎖により、世界中でコンドームが不足する可能性

マレーシアのKarex Bhd(カレックス)社は、世界で使用されるコンドームの20%を製造しているが、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためにマレーシア政府が課した工場封鎖のため、1週間以上コンドームを製造していない。

現時点で1億個のコンドームが不足しているという試算となり、世界中で供給不足になる可能性がある。マレーシアは東南アジアで最も影響を受けた国であり、2,161人のコロナウイルス感染症と26人の死亡者となっている。封鎖は少なくとも4月14日まで実施される予定。

HIV予防の手段としてコンドームを配布している世界中の人道機関などに深刻な影響を与える可能性がある。

お知らせ

お知らせ一覧